美容院で、カットやヘアカラー、パーマなどを行うとなると、本当に自分に合うか少し不安になったり、お金も結構かかったりしてしまいます。ウィッグなら、つけるだけで簡単にイメチェンできるので、普段から利用している方もいますし、イベントや趣味で利用している方も多いようです。また、男性もファッションアイテムとしてウィッグを利用する方が増え、ウィッグ専門の通販サイトでも、メンズウィッグの種類が豊富なところもあります。ここでは、メンズウィッグを初めて購入する方のために、失敗しないメンズウィッグの選び方を紹介します。

メンズウィッグのカラー選びのポイント

ウィッグを着用しておしゃれにイメチェンするには、ウィッグだと気づかれないようにすることです。ウィッグを利用すれば、普段、なかなかできないおしゃれなヘアスタイルやカラーに挑戦できます。しかし、憧れのヘアスタイルが、必ずしも自分に似合うわけではありません。ウィッグが自分に似合っていないと、見る人に違和感を与えてしまいます。

カラーについても、肌、瞳、唇、頬など、生まれ持った色「パーソナルカラー」があり、髪もパーソナルカラーに合った色があります。そのため、あまりにもパーソナルカラーとかけ離れたカラーのウィッグを選ぶと、不自然に感じられるのです。自分のパーソナルカラーについては、インターネットなどで簡単に調べられるので、ウィッグを選ぶ前に診断してみると良いでしょう。

また、ウィッグを着用すると、自分の髪がウィッグから少し出てしまうこともあります。その時に、ウィッグと自毛の色があまりに違うと、ウィッグを着用していることをすぐに気づかれてしまいます。そのため、ウィッグはできるだけ自毛に近い色をおすすめします。同じような色なら、ウィッグから自毛が出ていても、自毛とウィッグの毛をうまくなじませることで、より自然に見えます。

メンズウィッグの毛量やフィット感を確認

ウィッグの毛量が多すぎても違和感を与えます。自分につけることを考えて、自然に見える毛量のものを選ぶことが大切です。特に、既製品のウィッグは、誰が着用してもフィットするように、毛量を多めに作られていることがあるので、自分に合うように毛量を調節した方が良いでしょう。自分で調整するのが難しい場合は、ウィッグのカットを行ってくれる美容院に行くと安心です。プロの美容師さんに毛量を調節してもらったり、プロの目線で似合う髪型にしてもらえます。

自分の頭にしっかりとフィットしないウィッグも、ウィッグがズレたり、もみあげや襟足などが浮いたりして、不自然に見えてしまいます。そのため、購入する際は、ズレずにフィットするか確認した方が良いです。しかし、ネット通販で購入する場合は、直接、手に取って確認できないので、サイズを調整できるアジャスターが付いているものを選びましょう。